コラム

こどもの歯を守るために

小児歯科の最終目標は虫歯のない永久歯でかつきれいに歯が並ぶことです。
そのためには乳歯のうちから虫歯予防をしていくことがとても重要となります。

乳歯の虫歯がお口に及ぼす影響

乳歯に出来た虫歯を放っておくと生え代わりとして出てくる永久歯の形や色に変化が出てしまったり、永久歯の出てくる隙間が狭くなり歯並びにも影響を及ぼすことがあります。

定期健診の必要性

隠れた小さな虫歯もX線で早期発見し、お子様の年齢に合わせた治療を行うことができます。虫歯のないことがわかった場合はシーラント(予防充填)やフッ素塗布を行い虫歯からお口の健康を守っていきます。

コラムの一覧へ戻る